深泥池

タクシー怪談、発祥の地

時は平安時代『和泉式部続集』に「名を聞けば 影だに見えじ みどろ池」とあるように、歴史はかなり古い。

京都の心霊スポットといえば、必ずここがあがるいわくつきの場所です。

都道府県別で心霊スポットランキングがあるとしたら上位入賞すること間違いありません。

全国的にも有名なタクシーにまつわる、例のあのお話の元になったのが深泥池です。

雨の日の夜道で女性を拾いタクシーに乗せると、女が「深泥池まで・・・」と言う。

気になった運転手はバックミラーで時折女性を確認しつつ無言のまま走り、池に到着して後部座席をふり返ると女性の姿がなく、シートがぐっしょり濡れていた。

この深泥池が元になって、全国的に似たようなタクシー怪談が増えていきます。

京都では、女性が夜道でタクシーを拾って「深泥池」までと言うと、運転手さんに驚いた顔をされるのでやめておいた方が無難だと思います。

その他、近隣の精神病院に入院していた患者が、この深泥池で入水自殺をしたとの噂もあるらしく、危険度が非常に高い心霊スポットです。

「京都のタクシーは深泥池のお客さまは乗せなくてもいい!?」

タクシー運転手による目撃情報が非常に多く、もし深泥池で女性にとめられた時は乗せなくてもよいという噂まであります。

深泥池の近くを歩いていると、いきなり足を引っ張られたような感覚に陥るという怪奇現象も起きるようです。興味があって行く方は自己責任でお願いします・・・。

怪談タクシーの書籍でちょっと面白そうな本があったので下記のリンクからどうぞ。

ぷち本当にあった愉快な話タクシー運転手が見た怖い話 (バンブー・コミックス)

自然がいっぱいの深泥池

じっさいに天気がよいお昼などに散策すると、湿地ということもあり大自然を満喫できるようです。水面に映る空の青と、森林の緑のコントラストがとても美しいです。

『深泥ヶ池生物群落』として国の天然記念物にも指定されており、動植物も数多く生息しています。サスペンスドラマのロケ地としても使われたことがあるようですよ。
池にはトンボやゲンゴロウやアメンボなど、今ではめずらしい昆虫も数多く見られます。近くの深泥池児童公園では近所の子供達の楽しそうな声も聞かれます。

深泥池はお昼の平和で明るい一面と夜の恐怖の暗い一面を合わせ持つ、魅力的な心霊スポットと言えると思います。

最後に本当にあったタクシー関連の怖い話の動画を載せておきます。

稲川淳二さんが語っているのでちょっと滑舌悪いですが・・・。

タクシーの怖い話の動画

地図


名称:深泥池
住所:京都府京都市北区上賀茂挾間町

スポンサーリンク