三角の家(黄色い家)

まるで映画『呪怨の家』のような物件

愛知県の心霊スポットでもよく取り上げられるものと言えば、やはり『三角の家』でしょう。三角形の土地に建てられていることから「三角屋敷」などとも言われています。

愛知県あま市甚目寺にあることから「甚目寺の家」や、外観が黄色いことから「黄色い家」(イエローハウス)とも呼ばれています。交通量が多い道路に面していて一見すると普通の家に見えますが、その外観からは想像もつかないようないわくつきの物件です。

中部地方最恐とも言われる心霊スポットになったのは一体なぜなのでしょうか?

詳しく調べてみるとまるでホラー映画『呪怨』に登場する伽椰子の家そのもの。

まさか、この家をモデルに映画『呪怨』が制作されたのではと勘ぐってしまいます。

転々と変わっていく住民や関わった人を次々と不幸にしていく呪い。心霊スポットとして有名すぎる弊害からか数ある噂の中で事実、もしくはそうでないものもあると思います。それらも含めてまとめていきますのでご覧下さい。

元々、この『三角の家』が建っていた土地やその周辺は墓地だったそうです。

墓地が移転になり更地となった墓地跡に、ある老婆が小さな青果店を構えたそうです。しかしその青果店も立ち退きにあい、その後またもや更地になります。そして時が経ち、更地になった周辺に数件の住宅地が建てられました。そもそも墓地を移転する際に充分な供養をしなかったのが、この家のその後に起こる怪奇現象のきっかけだったと言えると思います。

次々にこの辺一帯に住宅が建っていく中、三角の土地ということもありこの三角の家が建っている土地だけがずっと売れ残っていました。しかし今から30年程前(1980年代)にある若い夫婦がこの三角の土地を購入して、現在のこの家を建てたそうです。真偽のほどは確かではありませんが、この家を建てるにあたり2度工事が中断したそうです。

その後この家の主人がギャンブルに狂い、多額の借金を抱えたそうです。幸せだった家庭は崩壊し、妻は何度も借金を繰り返す主人を刺し殺し、自らもその命を絶ったそうです。

最初のこの主人の死については諸説があり、バブル崩壊で住宅ローンの支払いができなくなり妻と共に心中したという説、夫婦のどちらかが自殺したという説、事故死だったという説など諸説があり、どれが真実なのかはさだかではありません。いずれにせよ尋常ではない亡くなり方をして、その話がベースになったということだけは事実ではないかと思われます。

最初の夫婦の無念なのか、怪奇現象が起こり霊が出ると言われはじめたのはそれから間もなくのことです。空き家になったこの「三角の家」にその後、次々と新しい住人が入居してきます。6組程度の新しい住人が入居しましたが、しかしいずれの住人も早くて3日、長くても1年ももたずにこの家を後にしています。なぜかどの住人も夫婦だったようです。

この玄関に女性の霊が出るという噂があります。過去に噂を調べるため、あるTV局が心霊番組の撮影に来ましたが、同行した霊能力者(故・宜保愛子氏と言われています)が「この家には入れない」と撮影を拒否、または異常な行動をしたために番組がお蔵入りとなったそうです。また、名古屋テレビが制作したホラー特撮TVドラマ「ダムド・ファイル」でもこの「三角の家」を題材にしようとしたことがあったらしいが、様々な理由でお蔵入りとなったそうです。

最初の夫婦がいなくなり、空き家になってから5年程経った頃、ある別の夫婦が入居してきました。しかし、その夫婦は半年ももたずこの家を出ていってしまいます。一説によると精神疾患を患い出ていったと言われています。さらに次に入居してきた夫婦も1年もたずここを出たようです。転出の理由として「幽霊が出る」とはっきり言って出ていった人もいたようです。入居してきた夫婦6組すべてが事故や自殺、何かその他の理由で「三角の家」を後にしたようです。

この2階の窓には女性や子供の幽霊が出ると言われています。さらに2階には血まみれのベッドが残されており、後ほどご紹介させていただきます。この画像の2階の赤い扉付近にポツンと浮いているオーブらしきものも気になります。

不幸に見舞われたのはじっさいに住んだ入居者だけではなかったようです。諸説ありますが、この家で心中があった時の話、事件の通報で駆けつけた警察官2名が精神に異常をきたし、1名がそのまま死亡もう1名が廃人のようになって一生を病院で過ごしたそうです。

通報により警察官が訪れるケースは他にもあり、数年前の話ですが廃墟になったこの家に肝試しに来ていた若者が霊に憑りつかれ異常行動を起こしたそうです。通報によりパトカーが現場に急行。しかし、駆けつけた警察官も異常行動を起こし、庭先に向かって「誰だー!誰だー!」と叫び続けていたそうです。その警察官もその後精神病院に入院することになったそうです。余談ですがこの画像の岩の上あたりに中年の男の霊が出るという噂があります。

なぜこの家に次々と怪奇現象が起こるのでしょうか。

それは三角形の土地というのが原因ではないかという説もあります。三角形の土地というのは風水・地相・家相ともに最悪とされています。住み続けると風水上、精神疾患にもかかりやすく、悪い影響力があると言います。そして、墓地跡に充分な供養もせずこのような土地に家を建てたことが、悪い霊などを呼び寄せている原因のひとつではないでしょうか。

では最後にこの家の霊の目撃証言とともに、呪われた家「三角の家」の屋敷内部をご紹介させていただきます。

玄関の中はホコリが積もり、何かをどけたような跡も見られます。

じっさいに過去に住んでいた入居者の話では、ラップ音がする、ポルターガイスト現象がおこる、深夜になると2階から笑い声が聞こえる、子供が走り回るような音がする、風呂場のシャワーから血が出てきた、家の中で常に人の気配がするなどがあったようです。このような現象が度々起こっていたとしたら住んでいた入居者の方々も気が気ではなかったでしょう。

ちなみにこの玄関では赤ちゃんを抱いた女性の霊が出るという噂があります。赤ちゃんの声が廃屋の中から聞こえてくるという噂もあり、過去の夫婦に一体何があったのだろうかと想像してしまいます。

シャワーから血が出てきたと言われている風呂場です。廃屋になってからは中に入ると呪われるという噂があり、携帯電話を持って入ると壊れるという噂もあります。

1階はリビング、和室、洗面所、お風呂、トイレ、応接室があるらしいです。内部の部屋の造りは昭和っぽい雰囲気になっています

ガスや水道の配管業者の中でもこの家は有名で、当時まだこの家が廃墟になる前も施工依頼はどの業者も断っていたという話があります。またこの家の入居者を積極的に募集していた頃、毎年改装工事を試みるが、工事に携わった業者が1週間以内に亡くなるということが起き、改装もままならずこのままになっていたらしいです。

心霊現象が多発している2階に進みます。画像にオーブらしいものが写りこんでおり、非常に不気味です。赤い火の玉のようなものが家から出てくるという噂もありますが、正体はオーブなのでしょうか・・・。

2階に上がった先は、左右に2部屋あるだけのようです。こちらが向かって右側の部屋でクローゼットのような大きな押入れが見えます。

2階の窓のところでは真っ白な顔の女性の霊が出ると言われています。

窓のところに写っている白い発光体のようなオーブは何なのでしょうか。無念のまま亡くなった霊が部屋をさまよっているようにも見えます。

ベランダに出ると母親らしき霊と子供の霊が、手すりにつかまってしゃがんでいるという目撃証言もあります。

向かって左側の部屋に入ると噂になっている「血痕がついたベッド」が置いてあります。確かにベッドの上部と側面に赤黒いシミが見られます。なぜこのような物も撤去しないのか不思議でなりませんが、じつはこの物件、解体されずに残されていたのには訳があります。

聞いた話ではこの訳あり物件、以前に旧J町の役場の主導で2度解体工事を試みたそうです。しかし、事故が発生して工事が中止になったそうです。それ以降は不動産会社が管理することになったものの、管理していた不動産会社の当時の社長も変死したそうです。取り壊されなかったのは、祟りを恐れて誰も手がつけられないからだと言われています。まさに映画『呪怨』に登場する伽椰子の家そのものです。真偽の程さだかではありませんが、この家の資産価値は平成14年(2002年)の当時、たった200万で売り出されていたそうです。

その後、平成27年(2015年)10月~11月、ついにこの「三角の家」は取り壊され現在は駐車場となっているようです。駐車場の端には今も霊が立っているだとか。ご利用になる方はくれぐれもご注意下さい・・・。

地図

名称:三角の家(黄色い家)
住所:愛知県あま市甚目寺八尻95

スポンサーリンク