スポンサーリンク
スポンサーリンク

鮫島事件

怖い都市伝説まとめ(日本)

2ちゃんねるなど匿名掲示板やインターネットの中でのみ語られる都市伝説のひとつ。

恐ろしい事件があったとして語られるが、その真相は何らかの理由で隠蔽されている。

「あの事件の事を思い出させるな」「あれは2ちゃんねるの闇の部分だ」などと真相を探ることはタブー視されており、絶対に語ってはならないと言われている。

だが実際は鮫島事件などは存在せず、書き込みをした人物による自演という説が濃厚で都市伝説を装ったジョークだったとされている。事件を信じるか信じないかは貴方次第である。

 

伝説の「鮫島スレ」について語ろう

発端は2001年5月24日に2ちゃんねる(現5ちゃんねる)で『伝説の「鮫島スレ」について語ろう』というスレッドが立てられたのがはじまりとなっている。(下記引用)

 

22世紀を目指す名無しさん:2001/05/24(木) 22:56 ID:yWtu.nZk

ここはラウンジでは半ば伝説となった「鮫島スレ」について語る
スレッドです。知らない方も多いと思いますが、2ちゃんねる歴が
長い方は覚えてる人も多いと思います。
かくいう俺も「鮫島スレ」を見てから2ちゃんねるにはまった
ひとりでして、あれを見たときのショックは今でも覚えています。
誰かあのスレ保存してる人いますか? (引用、5ちゃんねる)

このスレッドに対して当初、事件の概要を知らず興味を抱いた人が反応してレスを書き込んでいったのがはじまりである。

じつはこのスレッドには以前あたかも「鮫島スレ」が存在して見たと書かれているが、そもそもそんなスレッドは存在しなかったと言われている。存在しないスレッドを以前見たと言って興味を抱いた人を釣ったのが当初のはじまりと言われているのだ。

しかし「鮫島スレ」は存在しなかったと言われる一方、あめぞうという2ちゃんねるよりも前に存在していた大型掲示板の方で「鮫島スレ」が存在しており、その後2ちゃんねるに舞台が移ったという説もある。

 

話を戻そう。このスレッドが発端で「鮫島事件とは何か」というスレッドが次々と立てられていった。2ちゃんねらーが「〇〇が死んだ」「公安が動いている」などの事件にまつわる情報もレスで追加していき、徐々に鮫島事件という都市伝説が出来上がっていった。

スレッドでは「これは面白半分のネタだからやめろ」という否定的な書き込みと、「あれは2ちゃんねるの闇の部分だ」という、あたかも事件が存在したかのような書き込みが交錯して、基本となる鮫島事件のエピソードが作られていったのである。事件の内容は後述しよう。

「あの事件を思い出させるな」という多数の書き込みから「鮫島事件を調べること=タブー」という暗黙のルールが出来上がった。本当に何かがあったような書き込みが多かったため、多くの人がスレの情報を元にして事件を調べたが、いくら調べても詳細はわからなかったのだ。

鮫島事件のエピソードは複数のパターンがあり展開も多数あるが、基本になっているのは次のエピソードである。

 

鮫島事件の内容とは

鹿児島県沖に鮫島と呼ばれる島があった。

ある日のこと、5人の2ちゃんねらーがこの島に遊びに来た。ところがこの5人は全員行方不明になってしまった。

その後、警察の捜索で5人のうち4人が白骨遺体で発見された。しかし、最後の一名はどこを探しても発見できなかったという。

4人の遺骨はそれぞれ縁のある場所や遺族の元へと送り届けられたが、その翌日のことである。

掲示板にはこう書き込みされたのだ。

「鮫島にいる」

書き込みをした人物は行方不明になっている最後の一人と思われる人物だった。しかし書き込みがあったにも関わらず、この人物を特定できるような投稿者IPや足跡は見つからなかった。

 

その後の警察の必死の捜索により、最後の一名らしき人物も遺体で発見された。

この遺体も一部白骨化しており、動物や何かによって喰い荒らされた痕跡が残っていた。人間のものと思われる歯型や、首には絞められたような痕も残されていたという。

 

鮫島事件の真相とは?他説あり

鮫島事件といえば5人の2ちゃんねらーが白骨遺体で発見されるというエピソードが基本になっているが、じつはこれ以外にも他説あり、「集団リンチ説」「ジョーク説」「事件隠蔽説」など、多数存在している。ここからはその他の有名な鮫島事件の真相について語っていこう。

 

「集団リンチ説」と「血の16画像」

これは鮫島というハンドルネームの人物を集団リンチで殺害したという内容である。

この話は実況系のスレッドでリアルタイムで書き込みをしながらその様子を実況したというものだ。事件の概要は2ちゃんねらーが計画してオフで鮫島本人をJR柏駅前に呼び、集まった20人で集団暴行して鮫島を殺害するというものである。

鮫島が呼び出されて殺害されたわけは彼が障害のある女児のポルノビデオを販売していたというのが理由であったという。その女児は「みずき」と呼ばれていて、ビデオは女児を虐待して殺害するといった内容であったという。これが2ちゃんねらーの怒りを買って殺害されたと言われている。なんともおぞましい話である。

 

じつはこの時の実況スレッドで殺害に至るまでにリアルタイムで投稿された画像は「血の16画像」と呼ばれていて、こちらの「集団リンチ説」を語る上で重要なキーワードとなっている。

この「血の16画像」の内容はJR柏駅の看板を撮ったものからはじまって、最後の16枚目は殺害された鮫島のものと思われる切断された指が写されていたと言われている。

今現在はネット上でも画像は残されておらず、当時画像を保存した人しか見ることはできない状況だが、閲覧注意を見るのが抵抗ないような人でも目を背けたくなるほど壮絶なものであったという。「血の16画像」の真偽は別としても鮫島事件の真実味が増し、当時スレッドも大いに盛り上がったというのは言うまでもない。

 

じつはネタだった「ジョーク説」

鮫島事件の真相でよく言われているのがじつはすべてネタだったという「ジョーク説」である。すべて架空の事件であり、掲示板を見た人が釣られるように面白半分で作られたというものだ。

当時の掲示板でも真実味のある投稿に対して、「ネタだからw」「ジョークだよ」といった投稿も多数あった。ジョーク説として一番有力な理由としては、鮫島事件のスレッドを立てた人物のIPアドレスと質問した人物のIPアドレスがまったく同一だったことから、スレ主による自演で釣りだったとされている。

 

鮫島事件「隠蔽説」

鮫島事件はジョーク説だったといわれる一方、実在した事件であまりにも凄絶な内容だったため隠蔽されたという説もある。

じつはジョーク説とされる理由のひとつであるスレ主と質問者のIPアドレスが同じであったというもの。これは2ちゃんねるの仕様上、違うIPアドレスからの書き込みでも偶然に同じIDになってしまうことが起こるため、完全に否定することができないのであるという。

当時はインターネットも今ほど普及しておらず、事件が凄絶であったため公安などが動いて、掲示板のIPアドレスやログを改ざんして事件をもみ消したという噂もあり、鮫島事件は隠蔽されたという説も一定数支持されているのだ。

 

鮫島事件のまとめ

結局、鮫島事件とは、

「以前に鮫島スレを見て2ちゃんねるにはまった。誰かあのスレを保存してないですか?」

というスレッドに2ちゃんねらーが反応して面白半分で書き込みをして、存在しない架空の事件が完成したというのが真相であるというのが一般的な意見である。

架空の話のためいくらネットで調べても真相はわからず、掲示板を追うと「あの事件はやばい」「あの事件を思い出させるな」などの書き込みを目にし、調べること自体タブーとされてしまい、人は逆に好奇心や知識欲で興味をもって調べてしまうのである。

 

しかしながら書き込みの中には「報道各社も資料は抹消している」というものもあり、じつは知らないところで実際に事件が起こり、都市伝説として広がったというのも否めないのである。

真実なのか嘘なのか…、決定的な証拠がないためどちらの意見も否定することはできないことが鮫島事件の醍醐味であるのかもしれない。

 

『真・鮫島事件』武田玲奈主演で映画化

インターネット最大の闇といわれる「鮫島事件」を題材にしたホラー映画『真・鮫島事件』が2020年11月27日(金)に全国公開される。

本作は「事件の内容を知ると消されるが、真相はわからない」と噂される2ちゃんねるから発生した都市伝説の「鮫島事件」が原案のパニックホラー映画。高校の同級生たちとの部活会にリモート参加した佐々木菜奈が、オンライン上で仲間のあゆみの死を目の当たりにした。死の原因を探っていくと、あゆみ、裕貴、鈴の3人が「鮫島事件」の発祥の地とされる廃墟を訪れたのを知ったことから物語が展開される。

主人公の佐々木菜奈役として武田玲奈が主演を務め、『2ちゃんねるの呪い 劇場版』『トモダチゲーム』を手がけた永江二朗が脚本と監督を務める。SNS全盛のいま、武田玲奈が最恐の都市伝説「鮫島事件」に巻き込まれていく…。

 

『真・鮫島事件』特報映像

武田玲奈のコメント
今回、主演の佐々木菜奈役を務めさせていただきました、武田玲奈です。
ホラーの映画作品に参加させていただくのは久しぶりでしたし、永江監督と色々とお話をさせていただきながら、作品と役と向き合い作っていきました!
特殊な撮影方法で少し戸惑いもありましたが、監督、周りのスタッフさんに支えていただきながら無事撮影を終えることが出来ました!
新しいタイプのホラー映画となっています!そして、あの鮫島事件の真相が明らかとなります…!!!
皆さん、少し寒くなってきましたが、さらに背筋が凍るような『真・鮫島事件』をぜひご覧ください!!

永江二朗監督のコメント
『鮫島事件』は平成ネット史上最大の闇といわれる最恐のネット都市伝説です。私は過去2度にわたり『鮫島事件』を実写化してきましたが、SNSが絶大な影響力を及ぼす現在にこそ『鮫島事件』の本当の恐怖を描けるのではないかと感じました。誰も語ってはいけないとされる『鮫島事件』とは一体何なのか?20年以上前、ネット民を震撼させ、その謎が現在も拡散し続ける『鮫島事件』の真実を是非ご覧ください!……おや、誰か来たようだ。

コメント