京都府

メタボ広沢

メタボ広沢というのは、メタボ建築という独特の造りからつけられたようです。名前からは怖さを微塵も感じませんが、ある出来事から自殺マンションと呼ばれ、恐れられるようになります。
2
京都府

深泥池(みどろがいけ)

深泥池は平安時代『和泉式部続集』に「名を聞けば 影だに見えじ みどろ池」とあるように、歴史は古い。京都の心霊スポットといえば、必ずここがあがるいわくつきの場所です。タクシー怪談の発祥になった場所です。
0