メタボ広沢

有名な幽霊マンション

1974年に建築されたマンションです。観光地として賑わう嵯峨嵐山駅から丸田町通りに入り、徒歩で数分程度東へ歩くと見えてきます。

嵐山周辺は過去に風葬地になっていて、京で亡くなった遺体が数多く運ばれて葬られていた歴史上でもいわくつきの地域です。そのせいか、付近には数多くの有名な心霊スポットが点在しています。

そのうちのひとつメタボ広沢というのは、メタボ建築という独特の造りからつけられたようです。名前からは怖さを微塵も感じませんが、ある出来事から自殺マンションと呼ばれ、恐れらるようになります。

※風葬…平安時代では一部の身分が高い人を除き、遺体は風葬地にて風化するまでそのままの状態で野ざらしにされていた。

このマンションの構造は、最上階から地上まで吹き抜けになっています。

だいぶ昔の話で理由は今だにわかりませんが、マンションの8階に住んでいたオーナーの実の娘さんが8階の吹き抜け部分から投身自殺をしたそうです。

おそらくここが事故の現場の吹き抜けです。見ていると身震いします。

有名な幽霊マンションと言われるようになったのは、この投身自殺後に起こりはじめた怪奇現象がきっかけです。

霊現象が目撃されるのはおもに6階から上、とくに8階の踊り場付近で怪奇現象が頻発するようです。

自殺した深夜の23:00になると、地面に人が叩きつけられるような不気味な音が聞こえてくる、誰もいない部屋から壁を叩く音がする、女性のうめき声が聞こえる、吹き抜け部分で繰り返し落ちてくる女性の霊が見られる、写真を撮るとたくさんのオーブが写りこむ、髪の長い女性が歩いていて「死ねない・・・」とつぶやく声が聞こえたなど、とにかく目撃証言が多いみたいです。

さらに偶然か否かマンション付近の道路で女性が、車でひき殺されるという事件もあったようです。マンションに面白半分で来る者には心霊現象が起こると言われています。

事故があった影響か、窓の部分にはグリーンのネットが張り巡らせられています。自転車などがあることから想像すると住んでいる住人がいるんでしょうね・・・。

エレベーター付近の集合住宅用ポストは、なぜかゴミが散乱していてとにかく不気味です。

あまり想像したくありませんが、テレビやラジオらしき物も置いてあるし、ここで誰か生活している人でもいるのかと想像してしまいます。

汚れ具合から当然、管理人の方すらいないような状況の気がします。

有名な話では芸人のガリガリガリクソンが、このマンションに何度も訪れて、霊に取り憑りつかれて除霊までしてもらったそうです。

ガリガリガリクソンのように気弱そうで、情に厚く、優しげな人は霊に憑依されやすいと聞いたことがあります。心霊スポットに遊びに行くさいは住んでいる住人の方もおりますし、自己責任でお願いします。

『新耳袋 第六夜』『九十九怪談 第九夜』にメタボ広沢を元にして作られた話が出てきます。興味のある方は見てみて下さい。

さて、現在のメタボ広沢はいったいどうなっているのでしょうか・・・?

なんと・・・!

改装されてきれいなマンションに変わっているみたいです。以前の老朽化したイメージはまったくなく、外装もきれいです。

名前まで変わって『シーズン〇山』となっていました。
見た目もきれいでオシャレですよね。家賃が安かったら住んでみてもいいかも・・・。

マンションの裏側にまわってみても怖さをまったく感じさせません。

外装を塗り替えるとこんなに雰囲気が変わるんですね。今でも幽霊は出るんでしょうか?

ここで紹介したことはあくまでもネットなどの噂です。あくまでも噂で、事実関係の確認が取れているわけではないのでご了承下さいませ。

ちなみにこの物件は情報誌SUUMOで入居者募集しているみたいなので、興味のある方は探してみて下さい。

地図

名称:メタボ広沢
住所:京都府京都市右京区嵯峨新宮町

ツイートする

twitterをフォローする

スポンサーリンク