旧東山トンネル

時代を超えた幽霊たちが集うトンネル

観光名所でもある清水寺のすぐ横を通り抜けた先にそのトンネルはある。

1903年に開通した花山トンネルは、1946年の東山トンネルの開通に伴い歩行者専用となり、旧東山トンネルと呼ばれるようになった今でも利用者は絶えない。

地域住民たちが当たり前のように利用しているそのトンネルは、一部の人達の間では有名な心霊スポットでもあるのだ。

トンネルで心霊現象があると聞くと交通事故等を連想するものだが、意外な事にこの旧東山トンネルで数多くみられているのは武者や着物を着た霊である。

というのも、この付近には京都の三大風葬地である鳥辺野(鳥が死体をついばんだことから生まれた地名)や、平安から江戸時代にかけて1万5000人もの人々が処刑されたという粟田口刑場跡が点在しており、かの有名な明智光秀が山崎の戦いに敗れ、逃げのびた後に討たれたのもこのあたりであるという。

※風葬…平安時代では一部の身分が高い人を除き、遺体は風葬地にて風化するまでそのままの状態で野ざらしにされていた。

夜のトンネル内部はライトが心もとなく光っているだけで、昼間とは全く違った印象を受ける。見ているだけでどこかに吸い込まれてしまいそうで身震いした。

旧東山トンネルでは前述の霊以外にも、誰もいないトンネル内から男の叫び声が聞こえたり、足音だけが追いかけてくる、等という心霊現象も多発しており、さる有名な霊能者ですら入ることを躊躇ったという。

旧トンネルを抜けた先には意味ありげに地蔵が祀られている。武者達は遥か昔からこの地を彷徨っているのだろうか…。

また、旧東山トンネルだけではなく新トンネルでも1994年に少年がバイクで事故死しており、それ以来トンネルでは事故で壊れたバイクを悲しげに見つめる少年の霊が見られている。

そしてこの二つのトンネルが有名なのはそれだけではない。

この二つのトンネルの上を通る東山ドライブウェイでは、以前より暴走族やバイク乗りによる事故が多発しており、一説ではバイク乗りが道路わきに生えたツタに首から上を絡めとられて死亡。今でも頭がないことに気づかないまま走り続けているそうで、血に染まったライダースーツを着た首なしライダーとして有名である。

東山ドライブウェイの道中には「その他注意」という意味の!マークの標識が残されており、これは幽霊注意の意味ではないかと噂されている。

東山トンネルは清水寺から将軍塚へ向かう途中に必ず通ることになる道でもある。

観光目的で京都に来た際、思い出して肝を冷やすのもまた一興だろう。

地図

名称:東山トンネルと旧東山トンネル(正式名称:花山トンネル)
住所:京都市山科区上花山旭山町

スポンサーリンク